白井市予防接種情報提供サービス

感染症が治ったばかりの時、潜伏期間であるか心配な時

 予防接種は健康な人が元気なときに受け、病気の感染を予防するものです。ですから病気がなおった後や、感染症がうつったかもしれないときには、一定の期間があいていないと受けることができません。お子さんの安全を考えて、白井市では予防接種担当の医師と検討し、次のとおり感染症と予防接種までの目安の間隔をまとめました。これは、あくまでも目安なので、かかりつけの医師によく相談して決めましょう。
【麻しん、風しん、水痘、おたふくかぜなど】
・本人がかかった場合、なおって(すべての症状が消えて)から4週間以上あける。
・家族や遊び仲間がかかっている場合、3週間以上あける。
【伝染性紅斑(りんご病)、突発性発疹、手足口病、溶連菌感染症、ヘルパンギーナなど】
・本人がかかった場合、なおって(すべての症状が消えて)から2週間以上あける。
・家族や遊び仲間がかかっている場合、2週間以上あける。
【かぜ】
・多少の症状があっても、熱がなく全身状態が良ければ、予診の結果で接種できることもある。
・高熱が出た場合は、1週間くらいあける。
【目・耳・皮膚に関する薬を使用中】
・主治医が許可した場合には、予診の結果でできることもある。
・ただし、ステロイド服用中はできない場合もある。
【川崎病、心臓病、腎臓病、てんかん、ぜんそく等の慢性疾患】
・治療中または経過観察中の人は、原則として主治医の許可をもらっておく(母子健康手帳の余白などに記入してもらいましょう)。
・ぜんそく等の症状が強いとき、ステロイドを服用しているときはできない。
【マイコプラズマ、帯状疱疹 ヘルペスなど】
・主治医が許可した場合には予診の結果でできることもある。

お問合せ:健康福祉部 健康課 母子保健班
電話047-497-3495

≪戻る