白井市予防接種情報提供サービス

不活化ワクチンとは

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンとがあり、それぞれ性質が違います。
不活化ワクチンの性質
【特徴】細菌やウイルスを殺し、免疫をつくるのに必要な成分を取り出し、毒性を無くしてつくったものです。病原体は体の中で増殖しませんので、何回か接種し、体に記憶させて免疫をつくります。一定の間隔で、2~3回接種し、基礎免疫をつけますが、しばらくすると免疫が減っていくので、数年おきに追加接種が必要です。
【予防接種の種類】ポリオ ジフテリア・百日せき・破傷風 日本脳炎 インフルエンザ ヒブ 肺炎球菌 子宮頸がん B型肝炎
【副反応】接種後、24時間くらいの間に発熱したり、接種した所が腫れることがあります。

お問合せ:健康福祉部 健康課 母子保健班
電話047-497-3495

≪戻る